28歳独身OLの近所での出会い体験記

わたしが28歳で会社員をしている時のことです。

当時のわたしは3年半付き合った彼氏に振られてしまって、落ち込んでいるところでした。
その寂しさを埋めるためにというか、何かをしていないと悲しみに飲まれそうだったので、「近所 出会い」という言葉で検索して出てきた出会い系サイトに登録して、男性とのメールで気を紛らわせていました。

「近所 出会い」で利用したサイトはハッピーメールで、このサイトは日記を書いたり掲示板があったりするので、わたしは仕事から帰った後、日記を書いたりして気持ちを誤魔化していました。

素直に振られたことなどを書いていたら、とある男性から長文のメールが届きました。
その男性からのメールには、振る側の男性の心理や、たとえ振った女性でも男性にとってはいつまでも大切な存在であることなどが書かれていました。

わたしはとても慰められ、その男性とメール交換を一日に何度もするようになりました。

彼は既婚者でした。年齢は当時39歳で、近所の印刷関係の仕事をしている人でした。

既婚者だから好きになってはいけないと思いながらも、わたしは彼に惹かれて行き、公開されている写真も全然おじさんぽくないカッコいい人で、わたしは彼に会いたいと思いました。

勇気を出して会いたいというと、彼は既婚者だから会えないと言っていたのですが、わたしが強引に、お茶だけ付き合ってくださいというと、OKしてくれました。

そして、本当に近所のカフェでお茶しながらおしゃべりして、その日はバイバイしました。

彼にどんどん惹かれてしまったわたしは彼が既婚者であることを気にもせず、また会いたいと誘いました。

すると、彼から、既婚者とちょくちょく会ったりするのはキミのためにならない、もう会わないよ、と振られてしまいました。

わたしはショックで泣きましたが、でも、それで良かったんだと思います。不倫や浮気をするような人じゃないから好きになったんだし、既婚者と泥沼の恋愛をしていたら、わたしの婚期がどんどん遅れたと思います。

彼とはその後数ヶ月冷却期間を置いてから、またメールで連絡し合う友達になりました。
今でも彼とはたまに連絡を取っています。

27歳独身女性フリーランスの割り切り体験記

彼には何人ものガールフレンドがいた。私はその中の一人だった。いや、その中の一人でさえなかったかもしれない。
私は彼とアパートをシェアしてて、お酒の勢いでそうなってしまっただけだから。
お互い、たぶんそれはわかっていて、なんとなく「大人なんだから・・・」みたいな雰囲気が出来ていた。
言葉には出さなかったけれど、「割り切り」という暗黙の了解の中で私は暮らしていかなければならないことになった。
女性だからか、割り切ることってとても難しい。男性はもっと簡単にできるのだろうか。
彼はいつも女性を部屋に連れてきては、朝方彼女たちは帰っていった。私は正直割り切れない気持ちでいっぱいだったけど、
この状況の中で割り切らない方が難しく、なんとか割り切って生活していた。
でもやはり割り切れない部分があったのであろう。私は家に帰るとひたすらお酒を飲んでいた。
酔ってないと私は彼と目さえ合わせることができなかった。そんな私を彼がどう思っていたのかはまったくわからない。
ただ一つ言えることは、彼には特定のガールフレンドはいなかったということ。
一夜の関係だったのか、何度も何度も関係を持っていたのかはわからないけれど、皆それなりに割り切っていたようだ。
私は彼女たちに聞いてみたい。一体どうやって割り切っているの、と。いや、彼女たちも割り切れていないのかもしれない。
だけど彼は否応なしに割り切りを女性たちに求める。彼が女性たちに求めるものって何なんだろう。
性欲?それともさみしさ・・・?私には彼を理解する日は来ないだろう。
私は割り切れない思いを抱えて、今日も密かに彼を待つ。